introduce

北区医師会の活動

1.保健事業

北区における

(1)各種ガン検診
(2)北保健所での予防接種・健康診査の医師派遣
(3)産業保健として産業医活動の推進
2.救急医療 (1)北区休日急病診療所の運営、診療
(2)東部平日夜間急病センターへの医師派遣
3.災害医療

災害医療救護体制の構築

(1)集団災害訓練の実施
(2)名古屋空港合同災害訓練の医師、看護師派遣
(3)災害医療連絡網訓練の実施
4.病診連携

総合上飯田第一病院、西部医療センターを主に

病診連携講演会等を開催し医学・医療の情報交換を通じて
連携を密にし、地域医療の充実・発展に寄与しています。
5.学術講演 (1)医師の医学・医術の研修として北区医師会館にて 開催。
(2)病診連携セミナーを総合上飯田第一病院、西部医療センターにて開催。
6.在宅療養支援 (1)介護保険における
①介護保険認定審査会への医師派遣
②地域包括支援センターへの医師派遣
(2)障害者自立支援における
①障害者自立支援認定区分審査会への医師派遣
(3)認知症における
①もの忘れ相談医による専門相談への医師派遣
②家族教室への医師派遣
(4)在宅事業として
①在宅医24時間コールセンターの運営
②在宅医紹介システムの運営

以上、地域医療の向上や地域住民の健康保持増進に取り組んでいます。

北区医師会の沿革

北区医師会の沿革

北区医師会は、昭和22年占領軍の民主化政策により旧医師会の解散を余儀なくされ新生北区医師会として会長上岡氏、副会長棚橋氏のもと会員52名により再発足したのが始まりとされています。昭和35年からは名古屋市医師会の支部として活動しておりましたが、平成23年4月1日に独立し、名古屋市北区医師会として今日に至っています。医師会員は平成27年1月1日現在259名で北区民の健康と福祉の増進をはかるため、会員一同昼夜努力しております。